しつけ

留守番のルール

我が家では、わたしが留守番をする時には、サークルに入るというルールがある。

 

サークルに入る理由

地震が起きた時も家ごと倒壊するレベルでなければ、サークルに入っている事で落下物から身を守れる。

家族が誰もいない間、家全体をわたしが守るのはストレスがかかる。

機械類等に興味を持って遊んだ場合、誤食、感電や火災等事故が起きる。

これらの理由から、留守番の時は
限られたパーソナルスペースでのんびり寝ていた方がわたしも安心で気楽
なのである。

サークルの環境

  • 小さい頃から愛用の若干くたびれたベッド。
  • トイレトレー。
  • 給水ボトル。
  • 長めの留守番の際にはロープのおもちゃを柵に結び付ける。

絶対必須!フードを入れるおもちゃ

中に犬用おやつをごほうびとして詰めて与えればひとりでおとなしく遊びます。

 

合図を理解する

わたしが家族の下に来た時は、まだまだ子どもだったので、基本的にはサークルで休んでいて、環境に慣れてから、サークルの外で遊ぶ時間を少しずつ増やしてもらった。

しかし、成長して体力がついてくると、ずっと遊んでいたいものである。
動きまわれる場所が広がれば、どこにいるかは自分で決めたいという自己主張が出てくる。母が買い物に出るからサークルに入って欲しいと思っていようが、お構いなしなのである。

そこで、母は考えた。
サークルに入る合図を決めて、わたしが理解するにはどうしたら良いかを。

まず、サークルに閉じ込められるとわたしが思うのではなく、サークルを好きな場所にさせた。ご飯をサークルで食べるように習慣づけたのだ。ご飯を食べられる場所というポジティブな印象を持たせたのだ。

その上で、ご飯の時間になってサークルに入る時に「ハウス」と声掛けし、
『「ハウス」 = サークルに入る行動』
と教えたのだ。

それでもご褒美が欲しい!

勿論、「ハウス」の合図を理解するのはそんなに難しくない。でも、ご飯が用意されてないのに何で入る必要があるのかという抵抗は、最初はあった。

そこで、母はご褒美作戦に出た!

フードを入れられるおもちゃを用意し、「ハウス」の合図でサークルに入り扉が開いたままでも落ち着いて待っていられたら、わたしにおもちゃをくれるのだ。

わたしは物覚えは良い方だ。特にご褒美が絡んでいる場合は。

こうして「ハウス」の合図でサークルに入ると、自分にとって良い事が起きるので指示に従うようになったのだ。

留守番が当たり前に

こうした行動が当たり前になっているので、サークルでの留守番は通常のお昼寝タイムと変わらず、むしろご褒美のオプションが付くので良い事である。

ただ、普段留守番はあまり長時間では無い。母が食材や日用品の買い物に出る1~2時間の間である。最初の留守番の時は、かなり急いで30分で済ませ、大丈夫か確認されていた。

7~8時間どうしても留守番していなくてはいけない事が、稀に発生するしても今では大丈夫である。

長い時間の留守番を心配されて、わたしが元々いたペットショップに預けられた事もあったが、むしろ普段と環境が異なるため、夕方の食事を食べなかった。それ以降は自宅での留守番を選択されている。

稀に発生する長時間の留守番の時は、パソコンのカメラで何やらわたしの様子を時々スマートフォンから見ていたらしいが、わたしはほぼ寝ていた。

留守番の注意点

留守番中のわたしが快適に過ごせる様に、家族が気を付けている事。

  • 部屋の電気は点けておく。
  • エアコンで温度管理を一定に。
  • 給水ボトルの水はたくさん入れる。
  • フードを入れるおもちゃは、留守番の時間に合わせて数を増やしたり、夏は凍らせておいて長い時間をかけて食べるように工夫する。
  • 留守番の前にトイレを済ませておく。(家のトイレではわたしのしたいタイミングでするので、短めの散歩に出て済ませてくる事もある。)

今現在

姉が小学生の頃は、不測の事態で困る事を想定し、姉は母と一緒に買い物に行き、わたしはサークルで留守番だったが、今や姉も中学生なので、姉と留守番する事もあり、その際はサークルに入らず自由に過ごしている。

だが、母が出掛ける支度を始めると、ご褒美が貰えるチャンスではないかと期待し、自分からサークルに直行してしまうわたしがいる。

「ハウス」はもはや指示ではなく、ご褒美を連想させる魔法の言葉なのである。

 

0
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。