犬との暮らし

雨の日の過ごし方

 そろそろ梅雨前線が気になる今日この頃。今年は、ただでさえStay Homeで出掛ける機会を極力減らしているのだが、更に天候の関係で外出回数が減る時期が間もなく訪れそうである。

雨の日は歩かない

 わたしは室内でのトイレルールを心得ているので、トイレの為だけに外に出る必要は無い。楽しみがあればこそのお散歩である。よって、雨の日は家でまったり過ごす事にしている。

 母は最初、たとえ雨でも、運動の為にお散歩に行った方が良いのではないかと考えていた。その為に、わたし用のレインコートも準備した。元々服を着る事に乗り気では無いわたしの為に、着せ易い物をあれこれとインターネットで一生懸命探して購入した物である。

▲雨の日の暗い道でも目立つ赤!

▲リードを通す穴もバッチリです。

 わたしの長い毛が出来るだけ濡れない様に、レインコートでガードし、いざお散歩へ!と意気込んだのは良いが、わたしはほぼ歩かなかった。

 まず、雨の所為で匂いが薄まってテンションが下がる。お散歩の楽しみと言えば、色々な匂いを嗅ぐ事なのに。しかも、うっかり座るとお尻の長い毛が濡れて、冷たいし気持ち悪い。それに、お散歩は家族以外の人に可愛がって貰う機会なのに、雨の日は足を止めて貰えない事が殆どである。お散歩でのお楽しみ要素が無い為、わたしは歩くのを止めてしまうのである。

 雨の日のお散歩にわたしを連れ出そうと、母も何度かチャレンジしたのだが、その度に歩こうとしないわたしを見て、母は折れた。歩かずに終始抱っこされて運ばれるわたしを見て、考えた。雨の日に歩きたく無いのなら、仕方無い、降っていない日に歩けば良い事だ、と。

家での過ごし方

 気圧の変化もあるのか、雨の日はまったり昼寝をして過ごす事が多い。だが、流石に梅雨に入り、連日家に籠っていると、エネルギーが有り余って来る。

 そのエネルギーが悪い方向に向かうと、悪戯になるのである。家族がうっかり床に置いたままの本やらを噛み噛みしたり、普段はスルーしたままの物に目を向け、おもちゃと化してしまう。

 これは悪戯してはいけない物、という教育的指導は勿論されるのだが、母も悪戯が運動不足に因るものだと分かっているので、強くは責められない。指導の後に、発散の為の遊びをしてくれるのだ。

おもちゃで引っ張りっこ

 先ずは軽くおもちゃで引っ張りっこである。

 ロープのおもちゃをひらひらさせて、わたしを挑発してくるので、それに乗ってあげるのである。わたしの方に向けられたロープの端を、前脚でばしっっ!を抑え込み、口に咥える。そこからは、力比べでぐいぐいと自分の方に引っ張り込むのだが、何故か毎回母の力には勝てない……。良い所までは引き寄せるのに、あと一歩及ばない……。何故だ……。

 しかしわたしは諦めない。一度咥えていたロープを離して、母が持つ場所を狙うのだ。母が持てる場所を狭めれば勝てるはず。だが、母もロープを頑として離さないので、わたしが引っ張りっこに勝てたためしは無いのであった。

▲母の手元を狙い撃ち!

▲力比べ!

おもちゃをキャッチボール

 母1人では無く、家族が集まっている時は、おもちゃのキャッチボールが始まる。

 わたしが「持って来い」をしないので、わたしを走らせる為にはおもちゃを死守する必要がある。おもちゃを捕まえたわたしは、おもちゃを抱え込み、あぐあぐと噛んで遊び始めるので、運動にならないのだ。

 家族がそれぞれ離れた場所にポジションを取り、1つのおもちゃをキャッチボールする様に回していく。わたしが飽きない様に、所々でおもちゃをひらひらさせて、掴めそう、という演出も忘れない。わたしを引き付けておいて、パスするので、おもちゃを追ってわたしが走り、運動になる、という事である。

 それはわたしの獲物だ!返せ!噛み噛みさせろ~!

▲獲物ゲット!

かくれんぼ

 かくれんぼは、人のこどもも楽しむオーソドックスな遊びである。

 ドッグランは割と見通しの良い作りになっている事が多いので、かくれんぼは家の中ならではの遊びだろう。鬼は勿論わたしである。わたしが動く為の遊びなのだから。先ず、わたしは「お座り」「待て」の指示に従い、良い子で待機する。その間に、家族が隠れて「おいで!」と呼ばれたら探しに行くという、至極普通のかくれんぼである。

 犬ならば、匂いですぐ見つかると思っているのかもしれないが、家の中は家族の匂いだらけである。直前の匂いの移動だけを追えと言われても、難しいのである。結果、家族が隠れていそうな場所を、虱潰しに探して行き、家中をうろうろする事になる。

 わたしは野性を何処かに置いてきてしまった様なので、身を隠す、という心算が無く、壁の裏側や家具の背後等、身を隠す場所を予測出来ず、家族を探すのにかなり時間がかかってしまう事もある。見つけた時には、「偉いね~。」と褒められ撫で撫でのスキンシップを受け、更にはご飯のご褒美を貰える事も稀にある。

 家族にまふまふされるのは嬉しいし、わたしが家族を見つけた時の、家族の喜ぶ顔の為に今日も一生懸命探索するのである。……ご飯目当てじゃないのである。

▲何処に行ったのかな~?

▲2階には居なかった……。

▲見~つけた!

おわりに

 梅雨が過ぎると、暑い夏がやって来る。わたしたち犬にとっては、熱中症はとても危険だ。どうしてもお散歩に出歩ける時間帯が限られてしまうので、梅雨時、夏は家の中で上手に運動して過ごしていきたいものである。

 

▲次は何して遊ぶ?
1+
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。