病気

外耳炎の兆候

 少し前から耳がむずむずして気になるので、顔をソファや床に擦り付けてみたり、後脚で掻いていたりした。その様子が顕著になって来たので、母が以前の外耳炎の時の様に、イヤープロテクターを数日置きに耳に注ぎ、マッサージしてくれていた。

 イヤープロテクターは、注いでマッサージして貰っているその時は気持ち良いのだが、後日、耳垢がほろほろと外に出されて来て、それがまた気になって掻いてしまうのである。

病院へ

 母がわたしの耳を観察してみた所、炎症も起きていないし、耳垢も普段と異なる色になっている訳でも無く、膿も勿論出ていない。症状は出ていないものの、わたしが気にして掻き続けていると、また擦り剝けてしまうので、病院に赴く事となった。

母
まだ耳は赤くなったりしていないんですが、以前の様に気にして掻く様になってしまって……。

先生
先生
そうですね。耳の中を見ても、炎症は起きていませんね。

母
イヤープロテクターで数日置きに洗浄してみたんですが、耳垢が外に出て来ると、今度はそれが気になってしまうみたいで……。

先生
先生
一度イヤープロテクターはお休みして、点耳薬だけを塗って経過を見てみましょう。

今後の対応

 前回処方された点耳薬では、痒みが中々治まらず長引いてしまった為、今回は点耳薬を変更してみる事になった。「ビクタスSMTクリーム」という物である。犬、猫の細菌性および真菌性外耳炎、細菌性および真菌性皮膚感染症の外用薬である。かゆみ、発赤及び腫脹など疾患部位の炎症症状を速やかにしずめる、ともあるので、効果が出て痒みが治まってくれれば良いのであるが。

▲処方されたお薬。

 1日1回ビクタスSMTクリームを塗布して、1週間程様子を見る。その間は、イヤープロテクターは使用を中止。掻き毟りが治まれば、通常の月1~2回のイヤープロテクターでの洗浄に戻る。痒みが治まらずに、掻き毟りが悪化したら直ぐ受診する。

 どうしても夏場は皮膚の状態が悪化し易くなる。大体月1回行っているシャンプーを、月2回くらいに増やしてみても良いとの指導を受けた。

その他の診察

 少し早めではあったが、行ったついでに毎月の肛門腺絞り・爪切りも処置して貰い、心臓と肝臓の常用薬を28日分処方して貰った。聴診器での心音の聞き取りは変化無し。

まとめ

 今回の外耳炎・僧帽弁閉鎖不全症・胆石症の診察に掛かった費用は以下の通りである。

10,890円
項目費用(税込)
再診料660円
外耳処置1,100円
ウルソデオキシコール酸50㎎(28日分/朝晩1錠ずつ)3,080円
アピナック12.5㎎(28日分/朝晩1錠ずつ)3,080円
ビクタス6g2,200円
薬の処方料770円

 

 全て保険適用となり、自己負担額は、2,178円であった。

 わたしは大らかな性格であるが、皮膚トラブル等の身体に関する事には、気にし易い面がある様なので、はっきり確認出来る症状が出る前に、掻く等の行動が起きてしまう。

 何も症状が出ていないから大丈夫、と安心するのでは無く、普段と異なる行動をしていたら病院で診てもらい、悪化する手前で何らかの手を打って欲しい。

▲1日1回、お薬を垂らして。

▲もったりしているので、指で塗り広げます。

 外耳炎の関連の記事です。よろしければこちらもご覧ください。

外耳炎は長引くキャバリアの「わたし」がマラセチア性の外耳炎に罹った際の経験を載せています。症状の経過と治療方法の記録です。...
2+
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。