病気

定期検査。7歳秋。

 春の健康診断から約半年が過ぎ、僧帽弁閉鎖不全症の経過を診る為、心臓の超音波検査とレントゲン検査を受けた。胆石症の経過を診る為の超音波検査も合わせて受けて来た。

 尚、季節の変わり目で、わたしの皮膚の痒みが再びぶり返してきたので、そちらも合わせて診察を受けた。これらの検査・診察の結果をお伝えしたいと思う。

膿皮症の経過

 涼しくなって、皮膚の状態が良くなるかと思いきや、季節の変わり目で悪い方に影響が出てしまったようである。痒みが出て、耳を掻いたり、内股を舐めたりしてしまうので、先生に診て頂いた。

母
シャンプーは続けているんですが、気温の変化の影響か痒みが増しているみたいで……。内股を舐めたり、耳を掻く事が多くなってしまって。

先生
先生
耳はきれいですね。外耳炎では無く、やはり膿皮症の痒みでしょう。

母
一時的に痒み止めの内服薬を服用した方が良いですか?

先生
先生
皮膚表面の状態は悪く無いので、出来れば内服薬は控えたいですね。外用薬は気にしますか?

 肉球にワセリンを塗られると、舐め取りたくなるわたしだが、母に肉球を暫く握られている間に忘れてしまう。外用薬を塗布した後、ご飯や遊び、散歩等で気を逸らせば、舐めないだろうと母も判断し、外用薬を処方して貰う事にした。1日1回内股に塗布する事になった。

胆石症の経過

 超音波検査で経過を診たが、前回と変わらない状態であった。悪化していないのは何よりだが、内服薬や療法食で胆石が減ってもいないので、療法食を更に低脂肪のタイプに替えるか、先生も判断に悩む所らしい。

 まだ7歳なので、より低脂肪にして栄養状態に問題が出ないか懸念材料が残るので、一先ず現状維持の状態で、経過を診る事となった。

僧帽弁閉鎖不全症の経過

 レントゲン検査で心臓の大きさを測った所、変化無し。拡大が見られないので、安心である。超音波検査では、僧帽弁閉鎖不全に因り、左心房と左心室に若干の逆流が確認された。逆流の程度は前回超音波検査と変わらないので、内服薬で今の所悪化を防げているという事である。

先生
先生
心臓は急変が怖いので、日常の健康観察を行って、少しでも心配な事があれば、診せに来て下さい。

まとめ

 今回の診察・検査結果を踏まえた今後の対応は、以下の通りである。

今後の対応

  • 膿皮症は、シャンプーと外用薬(モメタオティック)で対処。
  • 僧帽弁閉鎖不全症は、アピナック12.5㎎(朝晩1錠ずつ)を継続し、時期を見て、超音波検査・レントゲン検査で経過観察。気温・気圧の変化で急変する事もあるので、日常の健康観察をしっかり行っていく。毎月の肛門腺絞りの際には心音確認。
  • 胆石症は、ウルソデオキシコール酸50㎎(朝晩1錠ずつ)と、低脂肪タイプの療法食を継続し、時期を見て超音波検査で経過観察。更に低脂肪の療法食に替えるか、今後検討の余地有り。

 キャバリアは、心臓病のリスクが高い犬種という事もあって、毎年健康診断を受けていた事で、早期発見・早期治療開始が出来た。

 健康診断は保険適用外なので、かなりコストは掛かると思う。だが、症状が出てから検査をした時には、かなり病状が進行してしまっていて、投薬治療では効果が得られにくい場合もあるであろう。外科的治療の際の麻酔のリスクや、高額な医療費の負担もあるので、定期的な健康診断で早めの対処は大切だと思う。

 ちなみに、健康診断に因り、病名が確定したので、その後の経過観察の検査は保険適用範囲である。検査費用・投薬治療費は今後継続的に発生するので、保険の加入を済ませておいて良かったと思っている。

 参考までに、今回、検査や投薬に掛かった費用を記載する。

29,150円
項目費用(税込)
再診料660円
レントゲン検査基本料3,850円
レントゲン写真追加料(3枚) 1,650円
画像診断料1,650円
胆石症の超音波検査2,750円
心臓の超音波検査6,600円
外耳処置1,100円
ウルソデオキシコール酸50㎎(28日分/朝晩1錠ずつ)3,080円
アピナック12.5㎎(28日分/朝晩1錠ずつ)3,080円
調剤料220円
薬の処方料770円
モメタオティック5ml1,430円
ノルバサンシャンプー200ml2,310円

 

 シャンプーは、保険適用外である。自己負担額は、7,678円であった。

▲熟睡中……。
6+
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。