ひかりの徒然日記

2月15日月曜日 日頃の備え。

 土曜日の夜に、久し振りに大きな地震がありました。その時は、姉と主、私は既に寝室で休んでいました。

 私は普段から地震には敏感で、寝ていても揺れ始める1・2分前に目が覚めます。眠りが浅い方では無いので、「何故起きたんだろう?もしかして……。」と思って身構えていると、揺れがやって来て、「やっぱりか。」と即座に安全を確認しています。

 それが、最近は花粉症のお薬を服用している影響で、眠りが深すぎて、土曜日は目が覚めて数秒程で揺れ始めたので、慌ててベッドから出て状況確認。サークルで寝ていた主を抱っこして、姉に上着を着せ、玄関で待機しました。

▲お散歩パトロールの主。

 父はまだ起きていて、2階のリビングから私たちの様子を確認しに降りて来ました。外に移動しなくてはならない場合を考えて、父にクレートを持って来て貰い、主はクレートに入って貰いました。

 スマートフォンの地震速報が鳴らず、私も目が覚めなかったので、完全に不意打ちでした。

▲普段と違う所が無いか、目を光らせています。

 今の家に引っ越して来た際に、本棚や食器棚等、大きな家具は壁に固定をしておいたので、良かったです。日曜日に、室内、家の外壁等確認してみましたが、被害は免れました。

 ニュースの映像で、震源地に近い場所の被害状況を見て、とても心配になりました。被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

▲パトロール中の休憩タイム。

 主は、私に抱きかかえられるまで、のんびりと眠っていて怯える様子はありませんでした。地震の規模がそこまででは無かったから、なのでしょう。主が取り乱す様子を見せた時には、命を守る行動をしっかり取れる様に、日頃から備えておかなくてはいけないな、と改めて思いました。

▲「そうそう、そこそこ~。」

 以前、こちらのブログにも、迷子さんと遭遇した時のお話を載せています。

迷子犬と遭遇したときのお話迷子犬と遭遇した際の体験を載せています。迷子犬を保護した場合は、お近くの交番に預けるか、お電話で連絡して警察に引き取りに来て頂いて下さい。...

 Twitterでも呟かせて頂きましたが、皆様に『お散歩の際は予備のリードを持つ』事を出来ればお願いしたいのです。出来るなら、首輪とリードを。もしくはしつけリードだと首輪も兼ねていてサイズ調整が出来るので、出会った迷子さんのサイズに合わせられます。

 皆様の家族のわんこさんのリードが、お散歩中に破損してしまう不測の事態に備える為と、今回の様に災害が起きて、迷子になっているわんこさんと出会った時の為です。

 精神的に不安定になっている迷子さんを保護するのは難しいかもしれません。ですが、皆様の隣りにいるわんこさんに興味を持って、近づいて来てくれる可能性もあります。お散歩中、フードやおやつを持っていたら、それで興味を引けるかもしれません。

 気が立っていて、気性が荒くなっている場合は、写真等をSNSに投稿して情報を伝えて頂けたら、と思います。

 どなたかの大切なわんこさんが、お家に無事に帰れる様に、ちょっとだけお力を貸して頂ければ、幸いです。

▲ちょっとだけ、皆様のお力をお貸し下さい。
5+
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。