ひかりの徒然日記

12月16日水曜日 冬支度。

 寒さが厳しい~。寒波が訪れて、寒さ対策が必須になって来ました。

 主が、僧帽弁閉鎖不全症と診断された時に、先生から、「寒暖差で心臓に負担を掛けない様に」と、アドバイスを頂きました。特に、夜間に急変するケースが多いそうです。

 主は、冬毛になると特に密度が増し、もふもふ感たっぷりで寒さには強いと思います。

 その為、昨年までは、就寝中はエアコンを切っていたのですが、今年は、18度設定でエアコンを稼働させています。乾燥対策に加湿器も一緒に稼働しています。

 寝る前には、服も着ています。服を着るのが、寝る前のルーティーンとして定着して来ました。

 そして、更なる冬支度がこちらの湯たんぽです。

▲主専用湯たんぽ。

 昨年までは、寒さが厳しくなって来ると、この湯たんぽが暖をとる手段でした。

▲湯たんぽと主。大きさが分かりますか?

 主のベッドに入れても邪魔にならない様に、少し小さめです。このフリースのカバーだけだと、低温火傷が心配なので、フリースのひざ掛けで更にくるんで使っています。

▲湯たんぽをひざ掛けでくるむ。

 昨晩、今シーズン初登場した湯たんぽさん。久し振りに見たのですが、主は覚えていた様で、ケトルでお湯を沸かして準備している間も、足元に張り付いていました。

▲こんな感じに、湯たんぽさんと寝ています。

 ベッドと湯たんぽさんのセッティングだけ先にしておこうかと準備したら、もう待ち切れずに昨夜は主が1番にお休みしていました。

▲湯たんぽさん、ぎゅっ。

 もしも、湯たんぽさんで遊んで、ひざ掛けから出してしまっては危ないので、急いで私も就寝準備を済ませて寝室へ。心配は無用で、主は湯たんぽさんと仲良く寝ていました。

▲ぬくぬく。

 エアコンと加湿器とお洋服と湯たんぽで、これからの寒い冬の夜を乗り切りたいと思います。

▲これで寒さ対策はばっちり!
4+
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。