ひかりの徒然日記

10月26日月曜日 視線。

 徐々に肌寒くなって来ました。主にとっては歩き易い季節ですが、家の中との気温差に気を付けましょうね。お洋服を着たり、お散歩の時間を日差しが十分出てからにしたり、心臓に負担が掛からない様に気を付けて行きましょう。

▲かさかさ、音が鳴りますね。

 落ち葉を踏み踏み、楽しそうに歩く主。まだ落ち葉が大きいので、帰宅した時に被毛に絡まった葉を取り除くのは簡単そうですね。これが、乾燥した落ち葉が粉々になっている状態だと、ブラッシングに時間が掛かりそうです。

 匂い嗅ぎに夢中になっていますが、主、見られていますよ。

▲茶トラさん。

▲黒猫さん。

 にゃんこさんたちに。

▲人には気付くのだけど……。

 「あ、ねこさんたちがいた。」と私に指摘されてから漸く気付いた主。通り過ぎる人たちには、「構って貰えるかな~?」と視線を送ってみたりしていましたが、にゃんこさんたちはノーマークでしたね。

 お散歩で外周を回る公園に住んでいるにゃんこさんたちの様です。植え込みから主の様子をじ~っと観察しています。「お前、何処の誰だ。」と宛ら職質を受けている様な、圧迫感を感じます。「こっちのテリトリーに入って来る気か?」と警戒されている様です。

▲主は安全と判断して貰えましたか?

 主は、植え込みの段差もありますし、普段から公園には入らない様に、線引きしているので、にゃんこさんたちに気付いても見ているだけで近づきません。歩ける範囲ににゃんこさんたちがいたら、空気を読まずに間違いなく近づいて行きますが。

▲この位の距離感。

 主は危険では無いと判定されたのか、にゃんこさんたちは、ゆっくり日向ぼっこを続けていました。

 主は、にゃんこさんを警戒しないので、不用心に近づいて返り討ちに遭わない様に気を付けなくては……。中にはフレンドリーなにゃんこさんもいますけれど。

▲にゃんこさんたちは、ご挨拶しないみたいだね。

 さぁ、主、お楽しみのフードですよ~。

▲あ、舌を摘まんでいるみたいに!
4+
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。