ひかりの徒然日記

9月15日火曜日 お医者さん。

 昨日は、朝はお散歩出来ませんでしたが、夕方はお散歩に出られました。蒸し暑さがなくなり、暗くなる前にお散歩がしやすくなり、嬉しいです。季節の変化を感じますね。主もさくさく歩いていて楽しそうでした。

 尻尾がふりふりで、この動きが私は大好きなんです。隣りを歩きながら、ついつい尻尾に注目してしまいます。相変わらず裾が捲れてしまっているのは、ご愛嬌という事で……。サイズが微妙に大きいのでしょうか?

▲誰か構ってくれませんか~?

 途中から歩みが加速しているのですが、前方にわんこさんを発見した為です。ご挨拶をさせて頂きました。撫で撫でタイムにはなりませんでしたが、久し振りのわんこさんとの遭遇で嬉しそうでした。

 ところで、『病院での爪切りの際に保定を手伝う』事に疑問を感じられている方がTwitterで呟いていらっしゃいました。その方は、爪切りの際に出血もしてしまったそうなので、病院に疑問を感じられていた様でした。

 私は、病院で爪切り・肛門腺絞り・予防接種等をして頂く際に、保定を手伝っています。主自身が暴れない性格の為、私でも十分保定出来るからです。爪切り・肛門腺絞りは毎月の事ですが、その間は、ちょっとした疑問に感じている事を相談できる時間として使わせて頂いています。採血やレントゲン等は看護師さんが保定してくれています。

 暴れてしまって飼い主さんが保定できない患畜さんの場合は、最初から看護師さんが保定していますし、その辺りは臨機応変に対応されています。私は、保定を手伝うのは悪い事では無いと考えています。病院の保定で慣れておけば、家で薬を塗り直してあげたりする際に、スムーズに出来ると思います。

▲さくさく歩きます~。

 病院の対応に疑問を感じた時に、しっかり意思疎通をする為に、話し合って方針を確認出来るかどうかが大事なのだと思います。『混合ワクチンは、抗体検査をして3年毎に接種したい』、という私の希望も、その病院では初めてのケースだった様ですが、先生がきちんと受け止めて下さって、対応して頂きました。病気を発症した際に、『この薬でこういった対処をしましょう』等、細かく説明もして頂いています。

 こちらの意見を伝えられる、信頼出来る先生に対応して頂くのが1番だと思います。大切な家族の健康を守る為にも、病院とは意思疎通を図れる関係でいたいですね。

▲今日は歩き易いね~。

 

5+
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。