ひかりの徒然日記

7月9日木曜日 空気を読む

 昨日の主。梅雨の雨の合間に何とかお散歩に行って来ました。曇っていましたし、風が吹いていたので、暑さは少し凌げたと思います。ただ、風が時折突風となって襲って来ましたので、ちょっと厄介でした。

 主は自然の風は苦手ではありません。向かい風であろうが、追い風であろうが、へっちゃらです。ドライヤーの人工的な風は苦手なんですけどね。きっとモーター音とか、熱が発生するのが苦手なんだと思います。突風で巻き上げられた葉っぱを目にし、ハンター魂に火が付いて、テンションが上がって行く主をクールダウンさせるのが一苦労でした。

▲抱っこされる主。

 こんな事を書いていると、主が足元に歩み寄って来ました。ブログの作業中は、ダイニングテーブルでノートパソコンを使っています。主が、じーっと目線で「構え。」と訴えて来ます。ちょこっと頭を撫で撫でしてあげて、パソコンに視線を戻すと、今度は椅子のひじ掛けに前脚を載せてアピールをして来ます。

 お掃除をしている時は、「構って」アピールをしてくる事はありません。私が「作業」をしていて、遊べない状態であると認識している様です。私が「作業中」か「休憩中」か観察して、構って貰える時間なのか判断出来ているのでしょう。このブログを開設するまで、私がダイニングテーブルで「作業」する事は無かった為、ノートパソコンでの作業はまだ「作業」と認めて貰えていないのです。

▲一緒に座る?

 それでも、何度か撫で撫でしてあげて、「伏せ」の指示を出して待機していて欲しいと言う私の意志を伝えると、渋々引き下がってくれます。空気の読める良い子です。

 群れで生活する犬は、空気を読むのが上手と聞きます。確かに主は、自己主張だけを押し通さず、人をよく観察して行動しているなぁ、と実感します。ただ、良い子だからと言って、我慢させてばかりだとストレスも溜まってしまうので、こちらも主の要望を出来る限り汲み取って、叶えてあげたいと思っています。

▲まだ隣りにいて……!
3+
こちらの記事もおすすめ
ひかりの徒然日記

9月8日火曜日 白露を過ぎても暑さが残る。

2020年9月8日
CAVALIER ism (キャバリアイズム)
 草木に降りた露を秋の目印とした「白露」を過ぎたのですが、まだまだ暑いですね。クールウェアを着てお散歩に出た主も、直ぐにはひはひし始めます。でも、昨日はゲリラ豪雨が頻発したのでお散 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。